乾燥肌のためのスキンケア・・・UVケアについて

乾燥肌を防ぐスキンケア・・・UVケアについて

乾燥肌を防ぐUVケア

UVとは、「ウルトラ バイオレット レイ」の略で、「紫外線」のことを指しています。
この紫外線から肌を守ることを「UVケア」と呼んでいます。

 

紫外線が肌に与える影響とは?

 

紫外線とは?

 

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と、目に見えない光(赤外線、紫外線)とがあります。その中で最も波長の短い光が紫外線です。
紫外線は波長によってUVA、UVB、UVCの3種類に分けられます。この内地表に届くのはUVAとUVBの2種類です。UVCは大気層(オゾン層)で吸収されてしまうので、地表に届くことはほとんどありません。

 

紫外線が肌に与える影響とは?

紫外線が肌に与える影響は、シミをつくり出すだけではありません。
表皮では肌表面の細胞を破壊し、バリア機能を低下させてしまいます。真皮ではコラーゲンやエラスチン、またそれらの物質を生み出す線維芽細胞を破壊してしまいます。その結果肌は水分を保つことができず、乾燥が進んでしまいます。

 

紫外線は暑さや眩しさがないため、実際にどれだけ浴びているのかわかりません。「これくらいなら大丈夫!」と油断していると、肌のダメージは日々蓄積され、ある日突然肌老化として現れます。

 

UVA、UVBは、どちらも肌老化の原因をつくります。そのため両方の紫外線を防ぐことが必要です。

 

UVAが肌に与える影響

太陽から届く紫外線の約9割を占めているのがUVA(A波)です。雲を透過しやすいので、曇りの日でも照射量はあまり減りません。蓄積型で、急激な肌ダメージを引き起こす作用は弱いとされています。
真皮にまで到達し、肌のハリや弾力にダメージを与え、肌の老化を促進します。

 

UVBが肌に与える影響

UVBは、太陽から届く紫外線の約1割を占めています。量は少なくても肌への影響力は強く、肌表面の表皮細胞やDNAを破壊してしまいます。短時間で肌が赤くなってヒリヒリするサンバーン(日焼けによる炎症作用)や、数日後に肌が黒くなるサンタン(色素沈着反応)は、UVBが原因です。

 

 

日焼け止め化粧品を選ぶ際のポイント

 

UVケアの基本は、日焼け止め化粧品を使って肌を紫外線から守ることです。

 

SPFとPAとは?

日焼け止め化粧品には、紫外線B波のカット効果を表示する“SPF”と、紫外線A波のカット効果を表示する“PA”が書かれています。生活シーンによって適切な数値は変わってきますが、アウトドアなど念入りなUVケアが必要な場合でも、ノーマル肌の目安がSPF50、PA+++なのに対し、乾燥肌や敏感肌はSPF30、PA+++となっています。

 

SPF

SPFは「Sun Protection Factor」の略で、UVBのカット効果を表しています。2〜50の整数値で表され、それより上の場合は、「50+」で表示されています。日やけ止め化粧品には、「SPF15」「SPF30」といった形で記載され、UVBのカット効果が高くなるにつれて数値も上がります。
数値の意味は、「何も塗っていない状態に比べ、赤くなってヒリヒリする状態になるまでの時間を何倍に伸ばせるか」の目安です。SPF10なら、約10倍に伸ばせるという意味です。

 

PA

PAは「Protection grade of UVA」の略で、UVAのカット効果を表しています。
「+」の数はカットする力を表し、「+」が多いほどUVAのカット効果は高くなります。
「+」の数とそれぞれのカット効果は次の通りです。

 

PA+:効果がある
PA++:かなり効果がある
PA+++:非常に効果がある
PA++++:極めて高い効果がある

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とは?

日焼け止めに含まれる紫外線をカットする成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

 

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤とは、吸収した紫外線を熱など別のエネルギーに変換して放出し、紫外線が肌の細胞に届くのを防ぐ物質です。

 

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤とは、散乱剤を使って肌を覆うことで、紫外線を肌の表面で反射・散乱させ、肌に浸透するのを防ぐ物質です。金属を酸化させた粉体や細かい粘土質の粉などが用いられます。

 

 

紫外線吸収剤は、肌の刺激となることもあるので、乾燥肌や敏感肌の方は、紫外線吸収剤を含まない「紫外線吸収剤不使用」「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカル」と表示された日焼け止めを選びましょう。

 

ローション、スプレー、ジェルタイプの日焼け止めは、使用感が良く人気もありますが、ほとんどのものが吸収剤のみでできています。吸収剤を含まないノンケミカルのものは、クリームタイプや乳液タイプに多いようです。

 

 

日焼け止め化粧品の使い分け

日焼け止め化粧品は、生活シーンに合わせて選ぶことが大切です。

 

普段使いの日焼け止め化粧品

日常生活で浴びる紫外線をしっかりカットして、なるべく肌に負担をかけないものを選びます。

 

  • SPA15〜30程度、PA++程度
  • 洗顔料や石けんで落とすことができるもの
  • 紫外線錯乱剤を使用しているもの
  • 界面活性剤、シリコン、ポリマーなど、肌に負担をかける成分がなるべく含まれていないもの

 

海やプールなど、屋外でのレジャーで使う日焼け止め化粧品

次の基準をクリアしているもので、なるべく肌に負担をかけないものを選びます。

 

  • SPA30〜50、PA+++〜++++程度
  • 水や汗に強いウォータープルーフタイプのもの
  • 耐水テストの結果が表示されているもの
  • クリームや乳液など手でぬるタイプのもの(スプレータイプはぬりムラができやすいため)

 

 

日焼け止め化粧品を使う際のポイント

 

使用量を守る!

日焼け止め化粧品は、量が少ないとUV効果が下がってしまいます。
日焼け止め化粧品に表示されているSPF値は、人間を使って測定しています。ところが私たちが実際に使っている量は、実験で使っている量の約4分の1、効果は約20分の1と言われています。数値通りの効果を得るためには、説明書に書かれている使用量を守ることが大切です。
たくさんつけるとベタツキが気になると言う方は、鼻や頬骨など、高さがあって日焼けしやすい部分だけでも厚くぬることをおすすめします。

 

ムラなく伸ばす!

日焼け止め化粧品は、隙間ができないようにまんべんなく伸ばすことが大切です。ムラなく十分な量をぬるためには、重ねぬりがおすすめです。

 

ぬり忘れ注意!

眉の間や髪の生え際、フェイスライン、耳の後ろや襟足、首やデコルテ、足の甲などはぬり忘れしやすいので注意しましょう。

 

ぬり直す!

日やけ止め化粧品は、こまめにぬり直すことが大切なポイントです。必ず2〜3時間ごとにぬり直します。

 

ファンデーションはパウダータイプを使う!

より確実に紫外線をカットするには、日焼け止め化粧品とパウダーファンデーションの組み合わせがおすすめです。
パウダーファンデーションに含まれる色粉には、紫外線散乱剤のように光を跳ね返す効果があります。そのため日焼け止め効果をうたったものでなくても、UVカット効果があると言われています。

 

しっかり落とす!

オイルやクリームを含んだ日焼け止め化粧品は、肌に残るとトラブルの原因になります。トラブルを防ぐためには、しっかり落とすことが肝心です。
特に汗や水に強いウォータープルーフタイプは、石けんやボディソープなどでは完全に落とすことができません。クレンジングと石けん(またはボディソープ)を使ったダブル洗いが必要です。

 

保湿ケアする!

クレンジングや石けんで日焼け止め化粧品を落とした後の肌は、水分が不足している状態です。十分な保湿ケアを行って、肌の乾燥を防ぐことが大切です。

 

 

うっかり紫外線を浴びないためには

次のようなとき、紫外線対策をしていますか?
私たちは、自分で思っているよりはるかに多くのシーンで紫外線を浴びています。「このくらいなら大丈夫!」という油断が、肌ダメージを引き起こしてしまいます。

 

曇っているとき

曇っていても、紫外線は雲を通過して肌にダメージを与えます。

 

部屋の中にいるとき

紫外線A波は、ガラスを通過します。部屋の中にいるとき、車、電車に乗っているときも紫外線を浴びています。

 

涼しい季節

まだ涼しい春先から紫外線の量は増えてきます。また山の上は、気温は低くても標高が高いため紫外線の量は多くなります。

 

短時間の外出

洗濯物を干しにちょっとベランダに出るだけでも、紫外線を浴びてしまいます。

 

 

日焼け止め化粧品と併せてしたいUVケア

日焼け止め化粧品の使用と併せて、外出時はつばの広い帽子をかぶる、日傘をさす、UV加工をされたカーディガンやストールなどを身に付けるなども紫外線カットには効果的です。また紫外線の強い午前10時〜午後2時は外出を控える、日陰を歩くなど、できるだけ紫外線を浴びない工夫が大切です。

 

乾燥肌のためのスキンケア・・・UVケアについて関連記事

洗顔料
乾燥肌のための洗顔料の選び方について
クレンジング
乾燥肌のためのクレンジングの選び方
乾燥肌を防ぐ洗顔方法
洗顔は、洗い方によっては肌にダメージを与えてしまうプロセスです。 特に乾燥肌の場合は要注意です。 正しい洗顔テクニックを身に付けて、肌の潤いを取り戻しましょう。
乾燥肌を防ぐスキンケア・・・化粧水について
乾燥肌を防ぐスキンケア、化粧水について。種類、使い方、選び方まで
美容液
美容液には、保湿成分や美白成分などの有効成分が豊富に含まれています。肌の乾燥を防ぐ美容液の使い方とは?
乳液&クリーム
乾燥肌を防ぐスキンケア・・・乳液&クリームについて