乾燥肌を防ぐスキンケア・・・乳液&クリームについて

乾燥肌を防ぐスキンケア・・・乳液&クリームについて

乳液やクリームは、肌の油分を補いつつ「油性の美容成分」を届けるアイテムです。
乾燥肌にとっては、欠かすことのできないステップです。

 

乳液とクリームの役割とは?

 

乳液やクリームの役割は2つあります。

 

1つは、肌の油分を補うこと。
乳液やクリームは、たっぷりの油分で肌を密閉。潤いをキープして、肌全体を良好な状態に保ちます。

 

もう1つは、肌に油性の美容成分を届けること。
乳液やクリームは、多量の美容成分を配合しやすいアイテムです。特にクリームは最強です。
配合される有効成分は、保湿、美白、アンチエイジングなど目的によって異なります。保湿ケアが目的の場合は、セラミドなど保湿有効成分が配合されている商品を選ぶことが大切です。

 

 

乳液とクリーム、どちらを使うのが正解?

乳液とクリームの違いは、水分と油分のバランスの違いです。油分が多く、こってりとしたテクスチャーをもつのがクリーム。
クリームより油分が少なく、その分水分の多いのが乳液です。使用感は、乳液の方がさっぱりしています。

 

どちらも肌を密閉して潤いをキープする働きがありますが、クリームの方がパワーは上。さまざまな有効成分も、乳液よりクリームの方が多く含まれています。

 

このように使用感とパワーに違いはありますが、基本の用途は一緒です。乾燥肌だからと、両方使う必要はありません。また乾燥肌にはクリーム!と、初めから決めつける必要もありません。

 

「朝はさっぱりとした乳液。夜は栄養たっぷりのクリーム」とか、「皮脂の分泌が増える夏場は乳液、肌が乾燥する冬場はクリーム」など、肌の状態をチェックしながら、うまく使い分けることがポイントです。

 

 

 

正しい乳液の使い方とは?

使用量を守る!

使用量は、説明書に書かれている量を守ります。少なすぎると保湿効果が半減するだけでなく、肌をこすって傷つけてしまうことも。逆に多すぎると、毛穴に皮脂が詰まってニキビの原因に!Tゾーンなどテカリが気になる部分は、つける量を控えましょう。

 

やさしくなじませる!

手の平に適量を取ったら、こすらないように注意して顔全体になじませます。目の周りは皮膚が薄いので、薬指を使ってやさしくなじませます。

 

 

間違った乳液の使い方とは?

 

すりこむ

よけいな摩擦は肌を傷つけます。乳液は、すりこまなくても浸透します。

 

つけ過ぎる

油分が多い乳液は、つけ過ぎると皮脂が毛穴をふさいでしまいます。

 

 

正しいクリームの使い方とは?

 

つけ過ぎないように注意する!

肌が乾燥していると、たっぷりのクリームで潤いを閉じ込めたくなります。でも油分を多量に含むクリームは、たくさんつければ良いというものではありません。基本は、説明書に書かれている量を守ること。つけ過ぎは、肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。
ポイントは、つける場所によって量を調整することです。
皮脂の分泌の多い額、鼻、アゴの先には薄く伸ばし、乾燥しやすい目元・口元には重ねづけするのが正解です。

 

正しい方法でなじませる!

クリームをなじませる手順は、説明書やHPで確認しましょう。基本の手順は次の通りです。

 

  1. 手に適量を取って温めます。
  2. 顔の5ヶ所に置きます。このとき額、鼻、アゴの量は少なめに。
  3. 顔の内側から外側に向かって、肌をこすらないよう注意しながら伸ばします。
  4. 乾燥が気になる目元
    口元には、薬指でトントンとたたくようにして重ねづけをします。

 

 

間違ったクリームの使い方とは?

 

こすり過ぎ

こする、すりこむなどの動作は、角質を傷めてしまいます。

 

つけ過ぎる

油分を多量に含むクリームは、つけ過ぎると肌トラブルを引き起こします。

乾燥肌を防ぐスキンケア・・・乳液&クリームについて関連記事

洗顔料
乾燥肌のための洗顔料の選び方について
クレンジング
乾燥肌のためのクレンジングの選び方
乾燥肌を防ぐ洗顔方法
洗顔は、洗い方によっては肌にダメージを与えてしまうプロセスです。 特に乾燥肌の場合は要注意です。 正しい洗顔テクニックを身に付けて、肌の潤いを取り戻しましょう。
乾燥肌を防ぐスキンケア・・・化粧水について
乾燥肌を防ぐスキンケア、化粧水について。種類、使い方、選び方まで
美容液
美容液には、保湿成分や美白成分などの有効成分が豊富に含まれています。肌の乾燥を防ぐ美容液の使い方とは?
UVケア
乾燥肌のためのスキンケア・・・UVケアについて