乾燥肌を防ぐスキンケア・・・美容液について

乾燥肌を防ぐスキンケア・・・美容液について

美容液には、保湿成分や美白成分などの有効成分が豊富に含まれています。
どのメーカーも開発に力を注いでおり、最新技術が最も早く反映されるアイテムです。

 

美容液は保湿スキンケアのメイン

 

お肌の水分保持力は、角質層の細胞間脂質が80%、NMF(天然保湿因子)が18%で、皮脂は2%程度と言われています。洗顔をすると、多かれ少なかれこれらの物質は流出してしまいます。バリア機能が弱くなっている乾燥肌ではなおさらです。そのため化粧水や美容液、乳液などを使って、肌の保湿をフォローする必要がでてきます。
中でも保湿有効成分が豊富に含まれている美容液は、肌に潤いや栄養を与え、肌の保水力をアップする要です。保湿ケアには、なくてはならない存在です。

 

美容液には、「これが美容液!」という定義はなく、含まれる有効成分やテクスチャーは各メーカーさまざまです。保湿、美白、アンチエイジングなど、目的によって成分が異なるので、保湿ケアが目的の場合は、保湿有効成分が配合されている美容液を使うことが大切です。

 

 

肌の乾燥を防ぐ美容液の使い方とは?

 

顔全体につける!

保湿美容液の目的は、肌が本来持っている保水力を底上げすることです。そのため部分的につけるのではなく、顔全体につけることが基本です。

 

水っぽい美容液から!

保湿美容液+美白美容液など、2つ以上の美容液を使うときは、水っぽいテクスチャーの美容液を先につけます。とろみのある美容液を先につけると、水っぽい美容液が浸透しにくくなってしまいます。

 

使用量を守る!

基本的には、説明書に書いてある使用量でOKです。後は肌の乾燥具合に合わせて、使う量を調節します。

 

正しい方法でなじませる

美容液をなじませる手順は、説明書やHPで確認しましょう。基本の手順は次の通りです。

  1. 適量を手の平に取ります。
  2. 両手で、頬から顔全体になじませます。
  3. 中指と薬指を優しくすべらせて、マッサージをするようにしてさらになじませます。ただし肌が敏感になっている場合は、このステップは省きます。
  4. 目の周りや小鼻など、細かい部分にも丁寧になじませます。皮膚が薄い目の周りには、力が入らないよう薬指を使ってなじませます。
  5. 仕上げに手の平で顔全体を押さえるようにしてなじませます。

 

 

肌の乾燥を招く美容液の使い方とは?

量をケチる

値段の高い美容液は、量をケチってしまいがちです。でも美容液は適量をつけることで効果が出るように設計されています。せっかく高い保湿美容液をつけても、量が少ないと効果は半減してしまいます。

 

顔の一部分にしか使わない

保湿美容液は、肌の保水力を底上げするアイテムです。そのため美容液は顔全体に使いましょう。
また自分はオイリー肌と思っていても、実は乾燥が原因で脂分が過剰に分泌されているのかもしれません。このような場合は、しっかり保湿ケアすることで肌のベタツキは収まります。

 

乾燥肌を防ぐスキンケア・・・美容液について関連記事

洗顔料
乾燥肌のための洗顔料の選び方について
クレンジング
乾燥肌のためのクレンジングの選び方
乾燥肌を防ぐ洗顔方法
洗顔は、洗い方によっては肌にダメージを与えてしまうプロセスです。 特に乾燥肌の場合は要注意です。 正しい洗顔テクニックを身に付けて、肌の潤いを取り戻しましょう。
乾燥肌を防ぐスキンケア・・・化粧水について
乾燥肌を防ぐスキンケア、化粧水について。種類、使い方、選び方まで
乳液&クリーム
乾燥肌を防ぐスキンケア・・・乳液&クリームについて
UVケア
乾燥肌のためのスキンケア・・・UVケアについて